伝統あるハーレーソフテイルモデルのカスタム

ハーレーから販売されている110年以上の歴史と伝統があるモデルが「ソフテイル」です。

ハーレーの美学

ソフテイルはソフト・テイルをもじった名称です。

昔のハーレーのバイクにはリアにサスペンションがなかったため、その乗り心地からハード・テイルと言われていました。
ソフテイルは対照的に、リアにサスペンションを使用してソフトな乗り心地を実現するとともに、外見からサスペンションが見えないような専用設計フレームである「ソフテイルフレーム」を採用することで、ハード・テイル時代のスタイルを継承することに成功しました。ハーレーのソフテイルモデルには独特の美学があるのです!
またビッグツインエンジン特有の振動を緩衝させる「バランサード・システム」を内蔵していることも特徴の一つです。

結果、ソフテイルはこのような最新技術を用いてライディングフィールを向上させながらも、ハーレーの昔ながらのスタイルを持ち合わせる、まさに「現代版ハーレー」らしいツアラーとして人気を博しています。

ソフテイルはハード・テイル時代のスタイルを継承したことで、そのフレームが持つトライアングルラインを活かしたクラシカルなカスタムが可能です。

一方で、外装部品をできるだけカットしたチョッパー風カスタムでも、このフレームが美しく際立ちます。またフロントフォークを「テレスコピック式」「スプリンガー式」「油圧式」と3種類用意していることが、カスタムに幅を持たせています。

ソフテイルのカスタムでは、ソフテイル独特のフレームラインを活かすことが重要になります。
クラシカルまたはビンテージ風に仕上げることもできれば、チョッパー風やFLスタイルへの応用も可能です。自分好みのオリジナルカスタムをしやすいツアラーとしてもソフテイルは人気のモデルといえます。

ハーレーダビッドソン